組織概略

 代表理事 新渡英夫
カイロプラクティック療法振興事業
協同組合
代表理事 新渡英夫

ご挨拶

カイロプラクティックは、脊椎の矯正によって肩こり・腰痛などの回復及び改善を図る療法として知られています。そのカイロプラクティックがわが国に伝わって約一世紀となります。この間、カイロプラクティックは多くの方々の健康維持・増進に貢献し、少しずつではありますが日本の社会に定着しつつあります。 当組合は、国内でいち早く「カイロプラクティック療法」の事業協同組合として、厚生労働大臣の認可を受け設立されました。当組合の加盟院は、高度な専門教育を受けたプロが運営する、安心保証の施術院です。健康のこと、身体のことは当組合指定施術院にお任せ下さい。
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング
代表理事 新渡 英夫
設立時出資金 500万円
設立時組合員数 18人
設立年月日 平成12年10月19日
所管行政庁 厚生労働省関東信越厚生局
組合員資格 カイロプラクティック施術業
主な事業 カイロプラクティック用具の共同購買
設立の経緯 日本カイロプラクティックドクター専門学院の講師・卒業生を中心にカイロプラクティック業界の経済的・社会的地位の向上を目指し、組合員が業務を拡大する際の相談や施術用具等の取引先に対する交渉力の強化、教育情報の徹底、休業補償制度の確立等、組合員の経営環境の整備や合理化を図るために設立する。
組合運営に対する
理事長の抱負
「本組合には、毎年専門学院を卒業して開業した40人から50人が加入してきます。  加入については、組合本部事務局の他、北海道、東北、九州の支部でも相談を行っています。 今後、組合では組合員の加入促進を展開し、組合そしてカイロプラクティック業界の発展に努めます。  
また、機関誌「CHIROPRACTIC LIFE」を年3回発行し、組合員に業界及び組合に関する最新情報を提供 し、対外的にもPRを行っていきます。」
事業地区
平成18年12月現在
北海道、青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、福岡県、長崎県、宮崎県、鹿児島県